不景気.com > 赤字決算 > 大黒屋の18年3月期は純損益7.90億円の赤字継続

大黒屋の18年3月期は純損益7.90億円の赤字継続

大黒屋の18年3月期は純損益7.90億円の赤字継続

東証2部上場で質店大手の「大黒屋」を展開する「大黒屋ホールディングス」は、2018年3月期決算短信を発表し、当期純損益が7億9000万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績:大黒屋ホールディングス

売上高営業損益純損益
18年3月期 204億5200万円 6億9900万円 △7億9000万円
前期実績 205億5600万円 4億9300万円 △2億8700万円
次期予想 234億600万円 9億600万円 2200万円

質金融・古物売買を手掛けるイギリスの子会社「スピードローン・ファイナンス」グループにおいて、借入金の早期返済を目指し、薄利での在庫処分を進めるなど採算が悪化したことや、のれんの一括償却として3億6300万円を計上したことに加え、「大黒屋」における法人税などの負担も重なり、純損益は赤字継続となりました。

2018年3月期決算短信:大黒屋ホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事