不景気.com > 国内リストラ > キヤノンがフィルムカメラの販売を終了、約80年の歴史に幕

キヤノンがフィルムカメラの販売を終了、約80年の歴史に幕

キヤノンがフィルムカメラの販売を終了、約80年の歴史に幕

東証1部などに上場するカメラ大手の「キヤノン」は、1937年の設立以来続けてきたフィルムカメラの販売を終了すると発表しました。

販売終了となるのは、フィルム一眼レフカメラの「EOS-1v」です。同モデルは2010年に生産を終了し、その後は在庫の販売のみを続けてきたものの、抱えている在庫が底を打つことから、販売終了の決定に至ったようです。

フィルムカメラの販売台数は、デジタルカメラの台頭により、ピーク期の1990年代から大きく減少しており、今後、国内の大手メーカーでは「ニコン」のみが販売を継続することになります。

キヤノン:フィルム一眼レフカメラ「EOS-1v」販売終了と修理対応期間延長に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事