不景気.com > 国内倒産 > 投資業の「プレミアバンク」が破産開始決定、負債20億円

投資業の「プレミアバンク」が破産開始決定、負債20億円

投資業の「プレミアバンク」が破産開始決定、負債20億円

神奈川県横浜市に本拠を置く投資業の「株式会社プレミアバンク」は、4月19日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2010年に設立の同社は、主に個人投資家を対象として、東南アジアを中心とする不動産・ファンド・カジノなどへの投資を主力に事業を展開していました。

しかし、投資案件の成績が不振だったことから、債務超過に陥るなど資金繰りが逼迫したため、今年3月末をもって事業を停止していました。

負債総額は約20億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事