不景気.com > 赤字決算 > ブロードメディアの18年通期は2億円の赤字へ、架空取引被害

ブロードメディアの18年通期は2億円の赤字へ、架空取引被害

ブロードメディアの18年通期は2億円の赤字へ、架空取引被害

ジャスダック上場でマルチメディアコンテンツ配信・放送の「ブロードメディア」は、2018年3月期通期連結業績予想を公開し、当期純損益が2億6000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:ブロードメディア

売上高営業損益純損益
前回予想 140億円 2億5000万円 5000万円
今回予想 106億円 5000万円 △2億6000万円
前期実績 104億1300万円 3800万円 △4億2600万円

子会社の「釣りビジョン」における映像の受託制作について、制作を再委託する企業が架空取引を行っていたことが発覚したことから、それらにかかる売上および利益が取り消されることに加え、貸倒引当金繰入額として5億2900万円の特別損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ブロードメディア

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事