不景気.com > 国内リストラ > 片倉工業が補整下着から撤退、子会社「カフラス」を清算

片倉工業が補整下着から撤退、子会社「カフラス」を清算

片倉工業が補整下着から撤退、子会社「カフラス」を清算

東証1部上場で繊維・医薬品・機械・不動産事業を手掛ける「片倉工業」は、100%出資子会社「カフラス」(長野県松本市)が手掛ける婦人向け補整下着事業から撤退すると発表しました。

1965年にカフラスを設立以来、婦人向け補整下着の企画・販売を展開しているものの、近年は市場の縮小で厳しい環境が続いているため、今後の収益改善は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、4月30日をもって同事業から撤退し、8月をめどに同子会社を解散および清算する予定で、この事業撤退に伴う損失として約6000万円を見込むとのことです。

連結子会社の事業撤退に関するお知らせ:片倉工業

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事