不景気.com > 国内リストラ > 三越伊勢丹HDの早期退職に170名が応募、特損43億円

三越伊勢丹HDの早期退職に170名が応募、特損43億円

三越伊勢丹HDの早期退職に170名が応募、特損43億円

東証1部・福証上場の百貨店大手「三越伊勢丹ホールディングス」は、早期退職者の募集に約170名が応募したことを明らかにしました。

これは、同社が行っているネクストキャリア制度によるもので、今回の応募者に対する割増退職金などの費用として、2018年第3四半期決算において約43億円の特別損失を計上する予定です。

同社では、給与が高い管理職などの退職を促すため、退職金の大幅な積み増しや対象年齢の拡大など、同制度の抜本的な見直しを行い、今後3年間で800名~1200名の人員削減を計画しています。

特別損失の計上に関するお知らせ:三越伊勢丹ホールディングス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事