不景気.com > 海外リストラ > コーセーが中国での化粧品生産から撤退、生産子会社を譲渡

コーセーが中国での化粧品生産から撤退、生産子会社を譲渡

コーセーが中国での化粧品生産から撤退、生産子会社を譲渡

東証1部上場の化粧品大手「コーセー」は、中国の生産子会社「高絲化粧品」の全持分を「日本コルマーホールディングス」に譲渡し、中国における化粧品の生産から撤退すると発表しました。

1988年に同子会社を設立し、中国市場における現地ブランド品の生産を手掛けているものの、中国市場で存在感を増すためには、需要の拡大が見込める日本製化粧品の販売強化が不可欠と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、日本からの輸出を強化するほか、現地ブランド品については譲渡先の「日本コルマーグループ」より生産供給を受け、中国での販売を継続する予定です。

中国生産子会社持分の譲渡に関するお知らせ:コーセー

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事