不景気.com > 赤字決算 > エイベックスの18年第2四半期は6億円の最終赤字へ

エイベックスの18年第2四半期は6億円の最終赤字へ

エイベックスの18年第2四半期は6億円の最終赤字へ

東証1部上場で音楽事業を手掛ける「エイベックス」は、2018年3月期第2四半期(累計)連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が6億3000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:エイベックス

売上高営業損益純損益
前回予想 680億円 11億円 1億円
今回予想 684億円 8億4000万円 △6億3000万円
前年同期 756億4800万円 29億6700万円 6億7200万円

販管費の増加に伴う利益の下振れに加え、持分法適用会社の損失や繰延税金資産の計上が認められない費用が増加したことなどから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。なお、通期連結業績予想については、前回予想を据え置いています。

業績予想の修正に関するお知らせ:エイベックス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事