不景気.com > 海外倒産 > 米石炭最大手「ピーボディ・エナジー」が破産申請、負債1兆円

米石炭最大手「ピーボディ・エナジー」が破産申請、負債1兆円

米石炭最大手「ピーボディ・エナジー」が破産申請、負債1兆円

アメリカ・ミズーリ州セントルイスに本拠を置く石炭会社「ピーボディ・エナジー」は、4月13日付でミズーリ州東部の連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したと発表しました。

1883年にシカゴで創業の同社は、発電会社や製鉄会社を主な取引先として石炭の採掘・販売を手掛け、1949年にはニューヨーク証券取引所へ上場し、アメリカとオーストラリアに合わせて26の炭鉱を所有するなど世界最大の石炭会社として事業を拡大していました。

しかし、中国の経済停滞による需要の落ち込みに加え、アメリカ国内ではシェールガスの台頭により石炭価格の下落が続いているため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

2015年12月期末時点の負債総額は約101億ドル(約1兆1000億円)です。

Peabody Energy : Chapter 11 Protection

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事