不景気.com > 海外倒産 > 米家電量販店「ラジオシャック」が破産法申請、負債1600億円

米家電量販店「ラジオシャック」が破産法申請、負債1600億円

米家電量販店「ラジオシャック」が破産法申請、負債1600億円

ニューヨーク証券取引所上場でアメリカ・テキサス州に本拠を置く家電量販店大手の「ラジオシャック」(RadioShack)は、2月5日付でデラウェア州連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

1921年に設立の同社は、アメリカ全土にて家電量販店をチェーン展開し4000店舗以上の直営店を構えるほか、世界25カ国・地域にて店舗をフランチャイズ展開するなど大手家電量販店として知られていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、インターネット通販の台頭による競争激化などから資金繰りが悪化したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約14億ドル(約1600億円)の見通しです。

Asset Purchase Agreement with Standard General:RadioShack

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事