不景気.com > 買収合併 > ソニーが本社土地を528億円で売却、合理化の一環で

ソニーが本社土地を528億円で売却、合理化の一環で

ソニーが本社土地を528億円で売却、合理化の一環で

東証1部上場の電機大手「ソニー」は、東京・品川駅・港南口にある本社の土地(東京都港区港南)を連結子会社の「ソニー生命保険」へ売却すると発表しました。

売却価額は528億円で、9月中にも売却が完了する予定です。なお、グループ間での取引となるため、連結業績に与える影響は軽微とのことです。

業績が悪化しているソニーは、パソコン事業からの撤退やテレビ事業の分社化、大規模な人員削減などの合理化策を進めており、今年4月には東京・品川の御殿山地区にある旧本社ビルを161億円で売却していました。

ソニー生命保険への本社の土地売却のお知らせ:ソニー

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事