不景気.com > 国内リストラ > マキタが農業機械製造の沼津工場を14年3月で閉鎖

マキタが農業機械製造の沼津工場を14年3月で閉鎖

マキタが農業機械製造の沼津工場を14年3月で閉鎖

東証・名証1部上場の電動工具メーカー「マキタ」は、2014年3月期をもって沼津工場(静岡県沼津市)での生産を終了すると発表しました。

マキタは、2007年に「富士ロビン」(当時、東証2部上場)を買収し、子会社「マキタ沼津」として草刈り機など農業用機械の製造を手掛け、2013年には同子会社を吸収合併し沼津工場として事業を展開していました。

しかし、厳しい競争を勝ち抜くためには更なる生産の効率化が必要との判断から、同工場での生産を終了し、主力の岡崎工場(愛知県岡崎市)や海外工場へ生産を移管する決定に至ったようです。

業績予想の修正に関するお知らせ:マキタ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事