不景気.com > 国内リストラ > コカ・コーラウエストが希望退職で300名の削減、2650名移転籍

コカ・コーラウエストが希望退職で300名の削減、2650名移転籍

コカ・コーラウエストが希望退職で300名の削減、2650名移転籍

東証1部・福証上場のボトラー大手「コカ・コーラウエスト」は、希望退職者の募集による300名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは同社の社員で、退職日は2014年3月31日。退職者には退職加算一時金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

また、一部物流機能の外部委託に伴い650名を協力会社へ転籍させるほか、事務機能・自販機オペレーション機能などの集約・再配置に伴いグループ内で2000名を移籍させる方針です。

清涼飲料水業界における消費者ニーズの変化や節約志向などから厳しい環境が続いており、西日本地域における優位性を保つためには更なる施策が必要と判断し今回の削減に至ったようです。

構造改革の実施と希望退職者の募集について:コカ・コーラウエスト

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事