不景気.com > 国内倒産 > 長崎のコイル製造「太陽光機」が民事再生法申請

長崎のコイル製造「太陽光機」が民事再生法申請

長崎のコイル製造「太陽光機」が民事再生法申請

長崎県大村市に本拠を置くコイル製造の「太陽光機」は、9月6日付で長崎地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したと発表しました。

1960年に創業の同社は、精密機器向けコイルおよび関連製品の製造を主力に事業を展開し、本社工場に加え長崎県雲仙市や新潟県長岡市に工場を所有するほか、中国・フィリピン・インドネシアに生産子会社を設立するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による受注の減少や取引先の海外生産シフトにより業績が悪化すると、インドネシアの子会社が突如として操業を停止したことで先行きが危ぶまれる状況となり、やむなく自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約20億円の見通しです。

 

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事