不景気.com > 国内リストラ > [更新]NTNが早期退職優遇制度による600名の人員削減へ

[更新]NTNが早期退職優遇制度による600名の人員削減へ

[更新]NTNが早期退職優遇制度による600名の人員削減へ

東証・大証1部上場のベアリング製造大手「NTN」は、中期経営計画の一環として早期退職優遇制度による600名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは同社およびNTN金剛製作所・NTN精密樹脂・NTN三雲製作所に所属する満40歳以上59歳未満かつ勤続10年以上の正規従業員で、退職日は5月15日。退職者には割増退職金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

景気低迷による需要の落ち込みで2013年3月期は純損益70億円の赤字を見込むなど厳しい環境が続いていることから、海外生産の加速を柱とする抜本的な構造改革が必要と判断し今回の施策に至ったようです。

*早期退職優遇制度に関する正式な開示があったため、一部の内容を修正・更新しました。(2013/02/21)

「早期退職優遇制度」実施に関するお知らせ:NTN

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事