不景気.com > 国内リストラ > 富士通が転進支援施策などによる5000名の人員削減へ

富士通が転進支援施策などによる5000名の人員削減へ

富士通が転進支援施策などによる5000名の人員削減へ

東証・大証・名証1部上場の電機大手「富士通」は、転進支援施策などによる5000名の人員削減を明らかにしました。

国内外のグループ人員を対象に転進支援施策や外部リソース削減で5000名程度の要員減を見込むほか、半導体事業の再編に伴う4500名程度の転籍も併せて実施する方針です。

半導体市況の悪化に伴い、一部事業の切り離しや工場・設備の売却など半導体部門の構造改革を進めることから、余剰人員の削減による組織のスリム化が必要と判断し今回の決定に至ったようです。

経営効率改善の方針について:富士通

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事