不景気.com > 国内倒産 > 飲料タンク製造の「佐山製作所」が破産申請し倒産へ、負債15億

飲料タンク製造の「佐山製作所」が破産申請し倒産へ、負債15億

飲料タンク製造の「佐山製作所」が破産申請し倒産へ、負債15億

東京都足立区に本拠を置く飲料水用供給タンク製造の「佐山製作所」は、6月21日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。帝国データバンクによると、今後は自己破産を申請し倒産する見通し。

1962年に設立の同社は、ビルやマンションの屋上に設置される飲料水用タンクなど、ポンプ・給水システムの開発製造を主力に事業を展開。1992年5月期には年間約68億円の売上を計上し業績を大きく伸長させていました。

しかし、近年は景気低迷による建設需要の落ち込みで売上が減少。取引先からの入金遅延を理由とする決済難に陥るなど資金繰りが悪化、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、2009年5月期末時点の負債総額は約14億9600万円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事