不景気.com > 赤字決算 > ジャパンディスプレイの20年1Qは832億円の赤字、債務超過に

ジャパンディスプレイの20年1Qは832億円の赤字、債務超過に

ジャパンディスプレイの20年1Qは832億円の赤字、債務超過に

東証1部上場のディスプレイ製造大手「ジャパンディスプレイ」は、2020年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が832億7400万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2020年3月期第1四半期連結業績:ジャパンディスプレイ

売上高営業損益純損益
2020年3月期(1Q) 904億2100万円 △274億7500万円 △832億7400万円
前年同期 1032億8100万円 △98億600万円 △17億7100万円
通期予想 前期比で減収 未定 未定

主力のスマートフォン向けディスプレイが不振だったほか、工場稼働率の低下に伴う原価率の悪化や、白山工場をはじめとするスマートフォン向け生産設備の減損損失などとして516億9300万円の事業構造改善費用を計上したため、営業損益・純損益ともに大幅な赤字となりました。また、2020年3月期第1四半期末時点で772億円の債務超過に陥りました。

2020年3月期第1四半期決算短信:ジャパンディスプレイ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事