不景気.com > 赤字決算 > ジャパンディスプレイの18年3月期は2472億円の最終赤字

ジャパンディスプレイの18年3月期は2472億円の最終赤字

ジャパンディスプレイの18年3月期は2472億円の最終赤字

東証1部上場でディスプレイ製造大手の「ジャパンディスプレイ」は、2018年3月期決算短信を発表し、当期純損益が2472億3100万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績:ジャパンディスプレイ

売上高営業損益純損益
18年3月期 7175億2200万円 △617億4900万円 △2472億3100万円
前期実績 8844億4000万円 185億200万円 △316億6400万円
次期予想 未定 未定 未定

主力の中小型ディスプレイにおいて、競争激化や単価下落などから売上が減少したことに加え、持分法適用会社「JOLED」に係る持分法投資損失として141億6200万円、減価償却費として99億300万円のそれぞれ営業外費用を計上し、また、製造拠点の集約や人員削減などのリストラ費用として1422億6000万円の特別損失を計上したため、営業損益・純損益ともに赤字となりました。

2018年3月期決算短信:ジャパンディスプレイ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事