不景気.com > 国内倒産 > アパレル「ヰノセント」が弁護士一任し特別清算へ、負債13億円

アパレル「ヰノセント」が弁護士一任し特別清算へ、負債13億円

アパレル「ヰノセント」が弁護士一任し特別清算へ、負債13億円

東京都渋谷区に本拠を置くアパレルメーカーの「株式会社ヰノセント」は、7月2日付で事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。今後は特別清算を申請する予定です。

1988年に設立の同社は、1993年に東京・代官山で洋服と雑貨を融合したショップブランド「NIMES」をオープンすると、1996年からは同ブランドの全国展開を開始したほか、「LA MARINE FRANCAISE」などの新たなブランドを積極的に立ち上げていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、ファストファッションの台頭による競争激化も重なり業績が悪化したため、別会社に事業を譲渡した一方、自らは債務整理を目的として今回の措置に至ったようです。

負債総額は約13億円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事