不景気.com > 企業不況 > ペッパーフードサービスが米ナスダックの上場廃止を申請

ペッパーフードサービスが米ナスダックの上場廃止を申請

ペッパーフードサービスが米ナスダックの上場廃止を申請

東証1部およびナスダック上場のステーキチェーン「ペッパーフードサービス」は、アメリカのナスダック証券取引所に上場廃止を申請したと発表しました。

同社は、運営するステーキチェーンの「いきなり!ステーキ」や「ペッパーランチ」について、アメリカでの新規出店および知名度・ブランド力の向上を目的として、2018年9月にナスダックへ上場しました。

しかし、客数の低迷によりニューヨークで11店舗を展開する「いきなり!ステーキ」のうち、不採算の7店舗を閉鎖するなどアメリカでの業績が悪化しているため、上場を継続する合理性が低下したと判断し今回の決定に至ったようです。

NASDAQにおける上場廃止申請に関するお知らせ:ペッパーフードサービス

「企業不況」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事