不景気.com > 国内倒産 > ダイカスト製品製造の「練馬工業」が民事再生、負債12億円

ダイカスト製品製造の「練馬工業」が民事再生、負債12億円

ダイカスト製品製造の「練馬工業」が民事再生、負債12億円

官報によると、東京都練馬区氷川台に本拠を置くダイカスト製品製造の「株式会社練馬工業」は、5月17日付で東京地方裁判所より再生手続の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1963年に創業の同社は、非鉄金属によるダイカスト製品の製造を主力に事業を展開し、埼玉県秩父市に工場を所有するほか、東京都八王子市と茨城県ひたちなか市に営業所を構えていました。

しかし、景気低迷や競争激化による受注の減少で業績が悪化すると、債務超過に陥るなど資金繰りが逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約12億円の見通しです。資本金は1500万円、従業員数は54名です。事件番号は令和1年(再)第26号で、再生債権の届出期間は6月17日までです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事