不景気.com > 国内倒産 > 栃木・大田原のスーパー「三桝屋」が事業停止、破産へ

栃木・大田原のスーパー「三桝屋」が事業停止、破産へ

栃木・大田原のスーパー「三桝屋」が事業停止、破産へ

栃木県大田原市に本拠を置く食品スーパー経営の「株式会社三桝屋」は、3月4日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。今後は破産を申し立てる予定です。

1927年(昭和2年)に酒屋として創業の三桝屋は、食料品店を経て1961年にスーパーマーケットを開店し、現在は大田原店(大田原市)と西那須野店(那須塩原市)の2店舗を経営しています。

しかし、景気低迷による売上の減少や、大手スーパーなどとの競争激化で業績が悪化すると、赤字に陥るなど事業継続が困難な状況となり、今月1日から3日まで店舗改装セールと銘打ち在庫処分を行うなかで、突然の事業停止となりました。

負債総額は約6億円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事