不景気.com > 赤字決算 > メガチップスの19年3月期は19億円の最終赤字へ、改革費用で

メガチップスの19年3月期は19億円の最終赤字へ、改革費用で

メガチップスの19年3月期は19億円の最終赤字へ、改革費用で

東証1部上場でLSI設計・開発の「メガチップス」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が19億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:メガチップス

売上高営業損益純損益
前回予想 1000億円 9億円 △7億円
今回予想 950億円 4億円 △19億円
前期実績 890億2900万円 27億900万円 19億4800万円

デジタルカメラ向けLSIおよびアミューズメント向けLSIの需要が想定を下回ることに加え、液晶パネル向けタイミングコントローラーLSI事業において、市場環境の変化により将来的に使用の可能性がないソフトウェア資産などの除却損として約12億円、人員削減に伴う特別退職金として約3億円のそれぞれ特別損失を計上することから、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:メガチップス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事