不景気.com > 赤字決算 > いなげやの19年3月期は17億円の最終赤字へ、客数・買上数減

いなげやの19年3月期は17億円の最終赤字へ、客数・買上数減

いなげやの19年3月期は17億円の最終赤字へ、客数・買上数減

東証1部上場で東京都内を中心に食品スーパーを展開する「いなげや」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が17億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:いなげや

売上高営業損益純損益
前回予想 2550億円 30億円 5億円
今回予想 2500億円 20億円 △17億円
前期実績 2548億7400万円 35億9700万円 11億4100万円

主力のスーパーマーケット事業における客数および買上点数の低迷や、働き方改革の一環として実施した全店休業日の影響により、既存店売上高が前年を下回って推移するなど厳しい環境が続いています。

また、収益性の低下を要因として、一部店舗などの固定資産について16億2800万円の減損損失を計上するほか、子会社「三浦屋」の買収に伴うのれんについて10億5500万円の減損損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:いなげや

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事