不景気.com > 企業不況 > 荘内銀行が21億円の債権放棄、取引先「萬国屋」私的整理で

荘内銀行が21億円の債権放棄、取引先「萬国屋」私的整理で

荘内銀行が21億円の債権放棄、取引先「萬国屋」私的整理で

東証1部上場の持株会社「フィデアホールディングス」傘下の地方銀行「荘内銀行」は、取引先の旅館業「株式会社萬国屋」(山形県鶴岡市)の私的整理に伴い、同社に対する貸出金21億7900万円を債権放棄すると発表しました。

山形県中小企業再生支援協議会を通じた萬国屋の再生支援手続において、当該債権の放棄を求められたための措置で、連結純資産に対する当該債権の割合は1.8%です。なお、当該債権については引当済みのため、業績予想に変更はないとのことです。

萬国屋は、江戸時代に創業の老舗旅館として県内では有数の知名度を誇るものの、今後見込まれる設備投資の負担などを勘案し、他社の傘下に入り事業再生を目指すこととなったため、荘内銀行は同社の再生支援を目的として今回の措置に至ったようです。

子会社における債権放棄に関するお知らせ:フィデアホールディングス

「企業不況」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事