不景気.com > 国内倒産 > 北海道の「稚内サンホテル」が自己破産申請、負債5億円

北海道の「稚内サンホテル」が自己破産申請、負債5億円

北海道の「稚内サンホテル」が自己破産申請、負債5億円

信用調査会社の帝国データバンクによると、北海道稚内市に本拠を置くホテル経営の「株式会社稚内サンホテル」は、11月14日付で旭川地方裁判所に自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1974年に創業の同社は、JR稚内駅から徒歩2分、稚内フェリーターミナルから徒歩10分に立地する客室数70室のホテルで、稚内・宗谷管内の観光客を中心に利用されてきました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや、レジャーの多様化の影響で客足が減少すると、過去の設備投資による借入金が資金繰りを逼迫したほか、今年9月に発生した北海道胆振東部地震の影響で、団体客を中心に宿泊のキャンセルが相次いだことから、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約5億2000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事