不景気.com > 赤字決算 > 日清紡ホールディングスの18年12月期は55億円の最終赤字へ

日清紡ホールディングスの18年12月期は55億円の最終赤字へ

日清紡ホールディングスの18年12月期は55億円の最終赤字へ

東証1部などに上場する綿紡績老舗の「日清紡ホールディングス」は、2018年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が55億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績予想:日清紡ホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 4350億円 35億円 50億円
今回予想 4260億円 △20億円 △55億円
前期実績 5120億4700万円 150億8500万円 263億5200万円

主力のブレーキ摩擦材について、ヨーロッパの子会社「TMD Friction」における製品倉庫移転に伴う出荷遅延や人件費の増加、事業構造改善費用の計上などから、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:日清紡ホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事