不景気.com > 国内リストラ > 片倉工業がホームセンター事業から撤退、最盛期16店舗展開

片倉工業がホームセンター事業から撤退、最盛期16店舗展開

片倉工業がホームセンター事業から撤退、最盛期16店舗展開

東証1部上場で繊維・医薬品・機械・不動産事業を手掛ける「片倉工業」は、ホームセンター事業から撤退し、小売事業部門を廃止すると発表しました。

社有地の有効活用を目的として、1975年に園芸センターをオープンすると、その後にホームセンター事業に参入し、最盛期には16店舗を展開するなど事業を拡大していました。

しかし、近年は大型ホームセンターの出店などで競争が激化しており、店舗改装や不採算店舗の閉鎖による収益改善を目指したものの、依然として厳しい環境が続いていることから今回の決定に至ったようです。

休止する店舗は、「ニューライフカタクラ平店」(福島県いわき市)と「ニューライフカタクラ石和店」(山梨県笛吹市)の2店舗で、店舗休止日は12月31日、小売事業部門廃止日は2019年1月31日の予定です。

ホームセンター事業からの撤退及び小売事業部門の廃止に関するお知らせ:片倉工業

「国内リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事