不景気.com > 買収合併 > H2O、そごう神戸・西武高槻を「神戸阪急」「高槻阪急」に改称

H2O、そごう神戸・西武高槻を「神戸阪急」「高槻阪急」に改称

H2O、そごう神戸・西武高槻を「神戸阪急」「高槻阪急」に改称

東証1部上場で「阪急阪神百貨店」などを傘下に持つ「エイチ・ツー・オーリテイリング」(H2O)は、運営する「そごう神戸店」および「西武高槻店」について、それぞれ「神戸阪急」および「高槻阪急」に改称すると発表しました。

H2Oは、「そごう・西武」などを傘下に持つ「セブン&アイホールディングス」から、2017年10月1日付で「そごう神戸店」および「西武高槻店」の事業を譲受しており、現在の運営会社「エイチ・ツー・オーアセットマネジメント」から「阪急阪神百貨店」に事業を移管するのに伴い、2019年10月1日付で屋号を変更する予定です。

両店舗の譲渡を巡っては、セブン&アイが不振に陥っている百貨店事業のテコ入れ策として、また、H2Oが関西における百貨店事業の地盤強化策として実施した経緯があります。

なお、神戸阪急の店名は、1992年から2012年まで神戸ハーバーランド地区にて20年間営業した店舗に使われており、場所を変えての復活となります。

そごう神戸店及び西武高槻店の屋号の変更に関するお知らせ:H2O

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事