不景気.com > 国内倒産 > 食品通販「ケフィア事業振興会」に破産決定、負債1000億円

食品通販「ケフィア事業振興会」に破産決定、負債1000億円

食品通販「ケフィア事業振興会」に破産決定、負債1000億円

東京都千代田区神田須田町に本拠を置く通信販売会社の「株式会社ケフィア事業振興会」は、9月3日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したと発表しました。

1992年にケフィアヨーグルトたね菌の販売を目的に創業の同社は、食料品や飲料・日用雑貨・衣料品・宝石などの通信販売を主力に事業を展開するほか、オーナー制度として一部の会員から出資を募り、その資金を野菜・果物の栽培や新規事業の立ち上げなどに充てていました。

しかし、そうして手掛けた事業の多くが低調に推移したことに加え、システム不具合による会員への支払遅延で信用が失墜すると、会員の契約解除や更新停止が相次ぐなど資金繰りが悪化したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1002億円の見通しです。また、関係会社の「株式会社水晶山温泉ランド」「かぶちゃん九州株式会社」「かぶちゃんメガソーラー株式会社」にも同様の措置が取られました。

破産手続開始に関するお知らせ| ケフィア事業振興会

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事