不景気.com > 赤字決算 > 21LADYの19年3月期は9500万円の最終赤字へ、債務超過

21LADYの19年3月期は9500万円の最終赤字へ、債務超過

21LADYの19年3月期は9500万円の最終赤字へ、債務超過

名証セントレックス上場で「洋菓子のヒロタ」などを展開する「21LADY」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が9500万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:21LADY

売上高営業損益純損益
前回予想 26億円 5000万円 3000万円
今回予想 24億9300万円 △7400万円 △9500万円
前期実績 25億5700万円 800万円 △2300万円

ヒロタ事業における直営1店舗の退店や西日本における天候不順の影響、輸入雑貨のイルムス事業における主力ブランドの不振で減収を見込むほか、人件費や弁護士報酬・オフィス移転費用などが嵩み、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

また、業績予想の下方修正により、2019年3月期末において債務超過に陥る見込みも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:21LADY

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事