不景気.com > 赤字決算 > 千趣会の18年上期は11億円の赤字継続、ベルメゾン不振

千趣会の18年上期は11億円の赤字継続、ベルメゾン不振

千趣会の18年上期は11億円の赤字継続、ベルメゾン不振

東証1部上場で通信販売の「ベルメゾン」を展開する「千趣会」は、2018年12月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が11億5300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年12月期第2四半期連結業績:千趣会

売上高営業損益純損益
2018年12月期(2Q) 571億9900万円 △11億3800万円 △11億5300万円
前年同期 631億8600万円 △12億4800万円 △62億800万円
通期予想 1190億円 3億円 2億円

カタログやインターネットを中心とする通信販売事業の売上が不振だったことに加え、バーゲンの増加に伴う原価率の悪化も影響し、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。

2018年12月期第2四半期決算短信:千趣会

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事