不景気.com > 赤字決算 > 千趣会の18年12月期は60億円の赤字、次期も営業赤字へ

千趣会の18年12月期は60億円の赤字、次期も営業赤字へ

千趣会の18年12月期は60億円の赤字、次期も営業赤字へ

東証1部上場で通信販売の「ベルメゾン」を展開する「千趣会」は、2018年12月期決算短信を発表し、当期純損益が60億2700万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績:千趣会

売上高営業損益純損益
18年12月期 1133億4400万円 △40億6300万円 △60億2700万円
前期実績 1259億9900万円 △42億8700万円 △110億9000万円
次期予想 940億円 △7億円 43億円

複雑化した事業構造の影響で前期比10.0%の減収となったほか、在庫水準の適正化を目的とする廃棄損・評価損の計上やセール販売の増加による利益率の悪化、さらに、212名の応募があった希望退職者募集による損失も重なり、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。

また、2019年12月期連結業績予想については、7億円の営業赤字を見込んでいます。

2018年12月期決算短信:千趣会

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事