不景気.com > 国内倒産 > 元・スーパー経営の旧「山田屋アタック」に特別清算決定

元・スーパー経営の旧「山田屋アタック」に特別清算決定

元・スーパー経営の旧「山田屋アタック」に特別清算決定

東京都江戸川区に本拠を置いていた元・スーパー経営の「株式会社毛利興産」(旧商号:株式会社山田屋アタック)は、5月2日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1963年に創業の同社は、江戸川区を中心に葛飾区や千葉県で食品スーパーの「アタック」を経営し、ピーク期には20店舗以上を展開するなど事業を拡大していました。

しかし、競争激化による業績の悪化で債務超過に陥るなど資金繰りが逼迫したため、営業継続を目的として会社分割により新会社「株式会社アタック」を設立し、スーパー事業もろとも外食チェーン大手の「株式会社ゼンショーホールディングス」に譲渡した一方、自らは清算目的会社として現商号に改称し事後処理を進めていました。

負債総額は約18億円の見通しです。なお、スーパーは新会社の下で営業を継続しています。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事