不景気.com > 企業不況 > 東芝テックが取立不能のおそれ、「レップス」「相﨑医院」破産で

東芝テックが取立不能のおそれ、「レップス」「相﨑医院」破産で

東芝テックが取立不能のおそれ、「レップス」「相﨑医院」破産で

東証2部・名証2部上場の電機大手「東芝」は、子会社の「東芝テック」(東京都品川区)が保有する債権について、取立不能のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、東芝テックの取引先で経営コンサルタントの「株式会社レップス」(福岡県北九州市)と、医療機関経営の「医療法人相﨑医院」(福島県郡山市)の2社が、それぞれ3月30日と3月22日に破産手続を申し立て、その後に破産手続の開始決定を受けたための措置です。

なお、債権額は、売掛金がそれぞれ3万4503円と8353円で少額なため、業績への影響は軽微とのことです。

当社子会社における債権取立不能に関するお知らせ(レップス):東芝
当社子会社における債権取立不能に関するお知らせ(相﨑医院):東芝

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事