不景気.com > 赤字決算 > ソフトフロントの18年3月期は17億円の最終赤字、債務超過に

ソフトフロントの18年3月期は17億円の最終赤字、債務超過に

ソフトフロントの18年3月期は17億円の最終赤字、債務超過に

ジャスダック上場で通信関連ソフトウェア・サービスの開発・販売を手掛ける「ソフトフロントホールディングス」は、2018年3月期決算短信を発表し、当期純損益が17億4000万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績:ソフトフロントホールディングス

売上高営業損益純損益
18年3月期 12億3300万円 △8億5100万円 △17億4000万円
前期実績 17億3700万円 △6億7200万円 △6億6500万円
次期予想 未定 未定 未定

子会社だったハガキ作成ソフト開発の「筆まめ」や、エステサロン経営の「グッドスタイルカンパニー」の株式を売却したことに伴い、2社が連結対象から外れたため、売上高は前期実績を下回りました。

また、固定資産および子会社ののれんについて3億900万円の減損損失を計上したほか、保有株式の評価見直しに伴う投資有価証券評価損として3億8200万円、子会社の借入に対する債務保証損失引当金繰入額として3億600万円の特別損失を計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。この結果、7期連続での営業損失となり、当期末時点で2億3900万円の債務超過に陥りました。

2018年3月期決算短信:ソフトフロントホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事