不景気.com > 国内リストラ > マルハニチロが宗谷工場を閉鎖へ、カニ缶製造

マルハニチロが宗谷工場を閉鎖へ、カニ缶製造

マルハニチロが宗谷工場を閉鎖へ、カニ缶製造

東証1部上場の水産食品メーカー「マルハニチロ」の子会社で、家庭用加工食品製造の「マルハニチロ北日本」(北海道釧路市)は、宗谷工場(稚内市)を閉鎖すると発表しました。

同工場は、昭和20年代に北洋カニ漁業の漁労・加工拠点として操業開始した旧「ニチロ函館支社・稚内事業所」が前身で、現在は日本海・アラスカ・ロシアなどで漁獲されたカニを使い、タラバガニ・ベニズワイガニなどのカニ缶詰の加工を主力に事業を展開しています。

しかし、原料となるカニの価格高騰や国内市場の縮小で採算が悪化していることから、生産拠点の合理化が必要と判断し今回の閉鎖を決定したようです。なお、同工場の従業員についてはグループ内での配置転換を主に、異動困難者には再就職支援により対応する予定です。

マルハニチロ宗谷工場11月閉鎖 水産のマチ 驚きと落胆 稚内:北海道新聞

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事