不景気.com > 赤字決算 > OUGホールディングスの18年3月期は2.50億円の最終赤字へ

OUGホールディングスの18年3月期は2.50億円の最終赤字へ

OUGホールディングスの18年3月期は2.50億円の最終赤字へ

東証1部上場で水産物卸の「OUGホールディングス」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が2億5000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:OUGホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 3220億円 26億円 15億円
今回予想 3220億円 18億7000万円 △2億5000万円
前期実績 3204億100万円 26億4500万円 17億4200万円

売上高は前回予想を据え置くものの、輸入品を中心とする水産物調達価格の高騰により、採算が悪化するなど厳しい環境が続いています。

また、グループの再編に伴い進めてきた統合基幹システムの開発について、その稼働コストや時間的な負荷が想定以上に大きいことから、当該システムの開発を中止するため、無形固定資産除却損として19億9200万円の特別損失を計上し、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:OUGホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事