不景気.com > 国内リストラ > エルナーが長野・松本のプリント配線板工場を閉鎖、採算悪化

エルナーが長野・松本のプリント配線板工場を閉鎖、採算悪化

エルナーが長野・松本のプリント配線板工場を閉鎖、採算悪化

東証2部上場で電子部品製造の「エルナー」は、連結子会社「エルナー松本」のプリント配線板製造工場(長野県松本市)を閉鎖すると発表しました。

1980年に設立のエルナー松本は、グループにおけるプリント回路事業の生産拠点として事業を展開しているものの、価格競争の激化や原材料価格の上昇でプリント回路事業の採算が悪化しているため、生産拠点の見直しが必要と判断し今回の閉鎖を決定したようです。

4月30日付で工場を閉鎖し、その後は同子会社を解散する予定で、同工場の生産品については別子会社へ生産移管する方針です。

連結子会社の工場閉鎖に関するお知らせ:エルナー

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事