不景気.com > 企業不況 > エージーピーが子会社「ドクターベジタブルジャパン」を解散

エージーピーが子会社「ドクターベジタブルジャパン」を解散

エージーピーが子会社「ドクターベジタブルジャパン」を解散

ジャスダック上場で航空機向け動力供給を手掛ける「エージーピー」は、連結子会社の「ドクターベジタブルジャパン」(東京都千代田区)を解散および清算すると発表しました。

2015年に設立のドクターベジタブルジャパンは、エージーピーが51%、昭和飛行機工業(東証2部)が24.5%、片倉工業(東証1部)が24.5%をそれぞれ出資する合弁事業で、植物工場による低カリウム野菜の生産・販売・フランチャイズ運営を手掛けていました。

しかし、設立より赤字が続いていることから、より効率的な運営体制の構築を目指し、現在稼働しているエージーピーの横芝光植物工場(千葉県横芝光町)、昭和飛行機工業の昭島植物工場(東京都昭島市)、片倉工業の埼玉植物工場(埼玉県加須市)、フランチャイズのさぬき野菜工房(香川県多度津町)の4工場へ、同子会社の販売機能を移管することが得策と判断し今回の措置に至ったようです。

今後、同子会社の商標などは各工場に承継され、それぞれの工場が引き続き野菜の生産・販売を行うとのことです。

子会社の解散に関するお知らせ:エージーピー

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事