不景気.com > 赤字決算 > ニチコンの18年3月期は16億円の最終赤字へ、独禁法損失で

ニチコンの18年3月期は16億円の最終赤字へ、独禁法損失で

ニチコンの18年3月期は16億円の最終赤字へ、独禁法損失で

東証1部上場でコンデンサなど電子部品製造の「ニチコン」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が16億4800万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:ニチコン

売上高営業損益純損益
前回予想 1120億円 40億円 31億円
今回予想 1120億円 40億円 △16億4800万円
前期実績 1004億100万円 30億1900万円 26億2300万円

電解コンデンサの販売におけるアメリカ競争法の違反嫌疑について、アメリカ司法省と罰金4200万ドル(約47億円)を支払うことで司法取引に合意したため、独占禁止法関連損失として47億4800万円の特別損失を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ニチコン

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事