不景気.com > 国内倒産 > 工作機械製造「ホンマ・マシナリー」が民事再生、負債35億円

工作機械製造「ホンマ・マシナリー」が民事再生、負債35億円

工作機械製造「ホンマ・マシナリー」が民事再生、負債35億円

大阪府大阪市に本拠を置く工作機械メーカーの「ホンマ・マシナリー株式会社」は、4月27日付で大阪地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1946年に「本間鋳造所」として創業、1957年に「本間金属工業株式会社」として法人化した同社は、立旋盤・ターニングセンタなど汎用工作機械や大型・特殊専用工作機械の設計・開発・製造を主力に事業を展開するほか、部品の受託加工や製缶・機械加工も手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、東日本大震災に伴い原発関連の受注が大幅に減少したことで業績が悪化すると、資金繰りの行き詰まりから自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約35億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事