不景気.com > 企業不況 > グローバルアジアホールディングスが上場廃止、管理体制不備

グローバルアジアホールディングスが上場廃止、管理体制不備

グローバルアジアホールディングスが上場廃止、管理体制不備

東京証券取引所は、ジャスダック上場で飲食事業やインターネット広告事業を手掛ける「グローバルアジアホールディングス」を9月12日付で上場廃止にすると発表しました。

これは、同社が過去の不適切な会計処理などから2012年6月20日付で特設注意市場銘柄に指定されたものの、それより3年が経過した今回の審査においても、子会社管理の不備、資産管理の不備など内部管理体制に引き続き問題があると認められるため、今回の決定となりました。

同社株式は8月11日から9月11日まで整理銘柄に指定された後に上場廃止となります。

上場廃止等の決定 グローバルアジアホールディングス | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事