不景気.com > 国内リストラ > パナソニックが回路基板事業から撤退、山梨の子会社売却で

パナソニックが回路基板事業から撤退、山梨の子会社売却で

パナソニックが回路基板事業から撤退、山梨の子会社売却で

東証・名証1部上場の電機大手「パナソニック」は、子会社の「パナソニックデバイス山梨」(山梨県南アルプス市)を「新旭電子工業」(滋賀県高島市)へ売却し、回路基板事業から撤退することを明らかにしました。

1986年に設立の同子会社は、片面・両面プリント配線板の生産を主力に事業を展開し、生産品目はデジタルカメラ向け製品から車載・産業用プリント配線板へ拡大していました。

しかし、安価な海外製品との競争激化などから厳しい環境が続いているため、このままでの事業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。なお、パナソニックでは既に他の工場での回路基板の生産を終了しているため、この決定をもって同事業から完全撤退となる見通しです。

パナソニックデバイス山梨の株式譲渡について:パナソニック

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事