不景気.com > 国内リストラ > オイシックスが店舗宅配事業を廃止、EC事業などに注力

オイシックスが店舗宅配事業を廃止、EC事業などに注力

オイシックスが店舗宅配事業を廃止、EC事業などに注力

東証マザーズ上場の食材宅配業「オイシックス」は、12月31日をもって店舗宅配事業を廃止すると発表しました。

同事業では、乳販店を通じて主にシニア層への販売を手掛けてきたものの、近年は売上構成比率が全売上の2.9%に減少していることから、成長が見込めるEC事業などに注力することが得策と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、同事業の廃止後には、乳販店に対し同業の「アデリー」(山口県柳井市)を紹介することで、乳販店における事業継続の道を確保するとのことです。

店舗宅配事業の廃止に関するお知らせ:オイシックス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事