不景気.com > 国内リストラ > 昭和電線が早期退職優遇制度による100名の人員削減へ

昭和電線が早期退職優遇制度による100名の人員削減へ

昭和電線が早期退職優遇制度による100名の人員削減へ

東証1部上場の電線大手「昭和電線ホールディングス」は、早期退職優遇制度による100名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは45歳以上の全グループ社員で、退職日は4月30日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

なお、この施策に伴う特別加算金などの費用として約7億円の特別損失を計上する一方、拠点集約や子会社解散などの施策も含め年間で約14億円のコスト削減効果を見込むとのことです。

事業構造改革の実施に関するお知らせ:昭和電線ホールディングス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事