不景気.com > 企業不況 > 北海道電力が子会社「エナジーフロンティア」を解散し債権放棄

北海道電力が子会社「エナジーフロンティア」を解散し債権放棄

北海道電力が子会社「エナジーフロンティア」を解散し債権放棄

北海道電力は、100%出資子会社の「エナジーフロンティア」(北海道札幌市)を解散および清算し、貸付金32億円について債権放棄すると発表しました。

2000年に設立の同子会社は、コージェネレーションシステムによる電気・熱エネルギーの供給サービスを主力に事業を展開していたものの、債務超過に陥るなど業績が悪化したため、一部事業の撤退およびその他の事業を北海道電力へ継承し今回の決定に至ったようです。

今後は、10月中旬をめどに解散を決議し、2013年1月をめどに清算が結了する予定です。

子会社の解散および債権放棄に関するお知らせ:北海道電力

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事