不景気.com > 国内倒産 > 新潟のスキー場経営「浦佐スキー観光」が破産決定受け倒産

新潟のスキー場経営「浦佐スキー観光」が破産決定受け倒産

新潟のスキー場経営「浦佐スキー観光」が破産決定受け倒産

官報によると、新潟県南魚沼市に本拠を置くスキー場経営の「浦佐スキー観光」は、9月16日付で新潟地方裁判所長岡支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1958年に設立の同社は、同年に「浦佐スキー場」をオープン。行き届いたコース整備で知られるほか、質の高い指導が受けられるスキースクールが評判となるなど相応の知名度を有していました。

しかし、スキーブームの低迷やレジャーの多様化により客足が落ち込むと、資金繰りの悪化から今冬の営業休止を決めるとともに、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチによると、負債総額は3億4000万円の見通しです。

新潟日報社 浦佐スキー観光が破産手続き

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事