不景気.com > 赤字決算 > 吉野家が当期純損益89億円の赤字へ、「どん」「京樽」振るわず

吉野家が当期純損益89億円の赤字へ、「どん」「京樽」振るわず

吉野家が当期純損益89億円の赤字へ、「どん」「京樽」振るわず

外食大手の「吉野家ホールディングス」は、2010年2月期の連結業績予想を下方修正し、当期純損益で約89億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2010年2月期通期連結業績予想:吉野家HD

売上 営業損益 純損益
前回予想 1870億円 5億円 △13億円
今回予想 1796億円 △8億9500万円 △89億4100万円

消費低迷や価格競争の激化による売上の伸び悩みで、売上高は前回発表時より約74億円減少し、本業の儲けを示す営業損益でも赤字に転落。

また、連結子会社の持ち帰り寿司チェーン「京樽」で約24億円、同ステーキチェーン「どん」で約17億円の特別損失をそれぞれ計上するほか、吉野家における店舗資産の減損処理で約60億円、「どん」ののれん減損処理で約26億円の特別損失を計上する見通し。

本業の牛丼事業では「松屋」「すき家」との再価格競争が勃発したばかりで消耗戦の様相を呈していることに加え、ステーキの「どん」では売上低迷を理由に不採算店舗の閉鎖を実施するなど厳しい戦いが続いています。

通期連結業績予想の修正に関するお知らせ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事